責任を持って取引しよう

伴うリスクを理解する

差金決済取引(CFD商品)は、レバレッジの効いた金融デリバティブ商品であり、トレーダーは対象となる商品を所有することなく株式、指数、コモディティ等のグローバル金融市場の価格の増減を予測することができます。レバレッジの効いた金融商品の高リスクな性質により、損失が初回預託金を上回る場合があります。

LCGでは学習に非常に重きを置いており、お客様に伴うリスクをご理解いただき、知識に基づいた取引決定を下していただく手助けをしています。

お取引が初めてのお客様は、LCGのデモ口座を開設して基本を学びながらリスクなくお取引を練習していただけます。

 

レバレッジに関して

CFD商品はレバレッジの効いた商品であり、お客様は注文を希望する取引の全体の価格のうちの何割かを入金するだけで市場に参加できることを意味します。

しかしながら、レバレッジは双方向に働きます。市場が思惑通りに動いたら利益を上げることができる一方、相場が思惑と逆方向に動いた場合には、損失も大きくなり、あっという間に入金額以上の損失を被る場合もあることを意味します。

レバレッジの効いた商品のお取引が初めての場合は、無料のLCGデモ口座を開設し、レバレッジ取引の見通しに慣れていただくことができます。

効果的なリスク管理方法

適切なリスク管理は取引戦略に欠かせません。初心者トレーダーであれ熟練者トレーダーであれ、リスク管理の重要性を軽視してはいけません。以下に、リスク管理と資金管理において考慮すべき重要な要素を何点か挙げます:

  • 失う余裕のない資金で取引を行ってはいけません。
  • 損切り」注文を利用しましょう。LCG Traderのプラットフォームでは、取引注文の際に損切り注文を同時に入れることができ、弊社では様々な損切りツールを提供しています。思惑とは逆方向に相場が動いたときに自動的に損失を限定させるための損切り注文を前もって入れておくことは、大きな損失から身を守るために必要なことです。
  • 一回の注文につき、リスクを資金の数パーセント内に収めましょう。一回の取引が口座残高に対して大きなマイナス影響を受ないようにすることを意味します。
  • 利確方法を計画しましょう。LCG Traderプラットフォームでは、取引注文の際に「利確」注文を設定することができます。こちらは相場が目標とした価格に到達したら、お客様のログイン状態に関わらず自動的に利確注文が執行されることを意味します。

 

LCGにてCFD商品を取引する際には、 様々なリスク管理ツールをご利用いただけます。これらのツールをご利用いただくことにより、実際の取引注文を出す前に効果的にリスクを管理し、損失を限定させることができます。